手術2回目

6月3日月曜日

トドの足は包帯でグルグル巻きです


立つことも

もちろん歩くことなど全くできません


当然

トイレも

手作りのすこしグラッとする車椅子

(左のみ伸ばせるように長くなっています)で

介助していただきながらの移動です・・・トホホ



痛いのと立てず歩けずなので

家人が入院の明くる日

印をつけて貰った必需品を

紙袋やらに持って来てくれていましたが

そのまんま、ポンと置いたまんま

ま、いいか・・・ボックスに入れられると

自分では取ることができないものね



マスクを外した担当ドクター

お顔はそんなに似ている訳ではないのです

つい先日テレビであったシロイキョトウ

どうしてそんなの見るの・・・どうせドロドロした

権力争いだろう・・・・と内心思ったわたしでした



官兵衛さんの良い印象だけで充分なのに

本も読んではいないし、昔のタミヤ氏主演の時も

全く興味なかったし



筋もなぁんにも知らぬまま

家人のお相伴で見る羽目に・・・



その主人公と相対峙するマツヤマクンイチさんが

演じるサトミドクター

わたしのお世話になったドクターを見た瞬間

そのように見えてきて・・・・不思議な感じでした

エエ方(ホォ)や!(正義の味方という風な意味合い・・・子供や!)

痛くて唸っていた時にです・・・ドラマ見てて良かった

痛さを忘れて・・・ハハ・・ドラマを思い出してましたわ・・



すぐ感情移入する・・・・わたしです



そのドクターがベッド脇に来られて

言うことにゃ

水曜日手術しましょう・・・です

圧と血を抜いた後

そのまま傷口を開けてあるので

それを閉じるらしいです



好奇心旺盛なわたしは

ちょっと見ようと起き上がろうとしたらば

ドクターに言われました

自分の足とはいえ

相当深く切っているから・・・見るとゾッとするよ・・

素直に止めときました・・






当日はお昼の代わりに

点滴チューブが2本入っていました

手術が済んだ後には

足に血を抜くチューブが1本増えておりました↘





泣き面に蜂・・・・こういう時に使うのかしら?

歯を食いしばった(タイソウナ!)手術を終えて

病室へ戻ったわたしに

看護師長は言ってこられました

お部屋を移っていただけますか・・・



痛みで失神(またオオゲサナ)寸前のわたしは

つい・・・OKしてしまったよ・・

南向きの一等席

朝日があたり気に入っていました

病も治りそうな病室でした、今にして思えば・・・



そ、後悔先に立たず・・とも言うかも





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック