プラス思考

あっ、プラス思考だぁ✨

なんだか嬉しくなります



カーテン越しに

食堂の冷蔵庫(冷凍庫)に入れてあった

アイスクリームが

無くなってたと

お母さんらしい声



我慢できんかったんやな

息子さんらしい声



子育て上手にしははったなぁ



顔も見えぬ

お話ししたこともない人です



最近の大部屋はこんなん?



全てきっちりカーテンで

閉めてあります







退院して

2日目辺りの朝

足の甲が!

メチャクチャ浮腫んでいます



滅多に

泣き言は言わないタチなのですが

こうなってる、と家人に言うと

歩きすぎたんや

気にしすぎや



わたしと違って

婚家は

お姑さんばかりか

家人も

プラス思考



お医者さんへ

走らないけないかと

悩んでいたわたしが

アホみたいです



パンパンに腫れてるので

直ぐには

信じがたかったですが

痛くはないので

そうだ、と、することに



ドクターは歩きなさい

だったもんね



そういえば

神戸の台所と言われる

商店街

その近くの職場にいた頃



足の膝を痛め

引きずるようにたどり着き

しばらく整形に通院した

時期がありました



その時も

MLで知り合った

とても豪快な人から

痛くても歩かないかんよ

と、アドバイスを受け



昼休み

毎日毎昼休み

お弁当の後

リハビリと称して

ウインドウショッピングをしてたっけ



今となっては

懐かしい思い出です



その頃

近くに有った

有名なパン屋さんなど

目もくれず、興味もなくて

今なら・・・美味しいパンと聞くと

耳がダンボになるんですが



彼女の

プラス思考的アドバイスのおかげで

膝もクリアしました



お姑さんの

プラス思考は

ドツボにハマりやすいわたしにとって

その都度

パワーを貰いました



ほんとに

わたしはどれだけ周りに助けられていることでしょう





先程

父の日と

退院祝いを兼ねて

息子一家が

来てくれて

じじばばの夕食が一気に賑やかになり

なんやかや

アチコチの部屋を(久しぶりなのか)

探検しまくり、なにやら忘れてたような

写真やら見つけては、ひっぱり出してきて

ワイワイガヤガヤ



これは誰?じいちゃん、わっかぁ!

ばぁちゃんもわかっー!アリガト♪

これは誰が描いたの?あなただよ♡

口数の少ない彼女

来るたびに、わたしたちを描いてくれていました

むかぁしの絵・・・ホントに?だったのかな?

今日も
小さなコピー用紙に
それぞれの着ているモノやら
しっかりと見て
丁寧に描いてってくれました




明日は学校

気をつけて帰ってね

洗い物も若い2人が狭い台所に並んで立って

片づけて、さぁ――――っと帰って行きました





屈託のない

明るい元気な食べっぷりとおしゃべり



ありがと

ばぁちゃん元気になるね

babaのぼやき

6月5日水曜日に
2回目の縫合手術の後
お引越しをしたのも束の間

明くる日だったか
人生初のリハビリに連れてってもらい
凹んで部屋に入って来た時

またもや
看護師長に
お部屋を移っていただけませんか


いつも
タイミングが・・・・メチャクチャダウンしている時


どうして
この種の白羽の矢が・・・集中するのかしら



今度はね・・・さすがに・・・ちょっと




退院後
家人の言うことにゃ
そういう人が入って来るから
替わってだったんじゃない

来られた時から
咳が出て出て、される方でした
ん~ん・・・そうやろか?


相当辛坊はしたのですが
(一番辛いのはご本人ですが)
わたしはとうとう
この上病は真っ平と悲鳴をあげて
マスクを1枚いただけませんかと
お頼み申しました

買ってください・・・とお返事が
買えるもんなら買いますが
真夜中に開いてないし
それよりなにより先立つモノがナイ!


置いていこか・・・と言ってはくれたのですが
歩くことすらできぬ
ベッドの上のトド
欲しいものなんて・・・(買いに)行けるはずないじゃん!
(歯ブラシ・歯磨きしかり・・・立てないのよ・・・アナタ)
バッグはもちろん、貴重品は
全て持ち帰ってもらっています
何が起こっても・・・今のトドめは・・・対応ができないのです↘


咳にはトラウマがある身です
家族全員が・・・咳だけで
ドエリャー目にあったことがあるのです

話には聞いてたというものの
こうもカンペキに・・・全員が罹るかい?

そんな生体験があるので
咳には敏感になってしまいます

カーテンが架かっているので
ひょっとしたら
咳の主はマスクをされてたかもしれませんが・・・


退院前夜は
このマスクのことと
煌々と輝く車庫の明かりで
うつらうっつら・・・

看護師さんも
かゆいところに手の届くような
扱いをしてくださるかたや
お―――っとっと
そこは!手を放すと!危ないんじゃない?
というような方まで
お顔が違う分だけ
イロイロでした


トイレも
日頃は頻尿じゃないかしら・・・と
思うほどのわたしです

何度か行きたいのを(辛抱して)

看護師さんのお顔や
タイムスケジュールと睨み合わせながら?
ナースコールを
それも
何度もタメラッタのち押したモノでした

このままいくと
泌尿器系の病になるのでは・・・と内心ハラハラでした


夜中ずーーーと
鳴り止まない救急車のサイレンのようなコール音
看護師さんも直ぐには動かれない時が多く
こちらも
大丈夫かな?どうしたんだろう
忙しくて行けないのかな


ちょっとモヨオシタくらいの
トイレで押してイイモノか・・・と
悩んだものです


ケンイチ似のドクターの上の先生
出しときます・・・きっぱり言ってくださったのに
手術で忙しいんだな
待っても待っても届かぬ貼り薬


諦めて寝たものの、寝つける筈はなく
代用品(本来は使い方が違う)を
引っ張り出して貼ることです
(はじめっから貼れって?)


慣れぬ杖で
へんに力が入るのか、身体がイガンデルノカ

まったく、困ったものです




退院時のこと
浸み出してきたら・・・
張り替えてください
指示のみです
慌てて、その名前を再度聞き
家に帰るまで覚える自信が無かったので
メモメモお願いです

こういう
想定内のことならば
予備に1セット持たせてくれても
バチは当たらないだろうに・・・・
自分本位のばぁさんは思ったもんです


窓口の手続きを終え
さぁこれで・・・ではありません
さっきまでお世話になっていた
病棟へ!この紙1枚を持って行ってください
ですって!!

家人が居てくれたからこそ
できたってもんです
(わたし独りなら・・・大声張り上げてたかもしれません!)

並んで、立って手続きし
今来た道をまた戻り見せてくる(見せて来るだけですよ!!)
荷物を持つ

わたしのできないこと
全てしてくれました
感謝してもしきれません



まどろっこしく、改善したら!とイイタクナルヨナ
こういう
ちょっとしたこと
患者の立場に立って欲しいものです




ふつう
退院したら
直行でお家に帰って
安静にしたい・・・それが願いというもの


その医薬品をまず買い求め
万が一の為に
身の安全を確保してから、ご帰還です




ちょっとこの辺
考えて欲しいなぁ・・・・
ほら、さっきまで真っ白だったのに
浸み出してきたじゃない↘
歩くのイタイイタイばぁさんは思いました


2週間の猶予を考えていたけれど
途中
通院を余儀なくされ
(当然と言えばとうぜんですが)

じじばばの目論見が
またまたガタガタガタと
崩れ落ちてしまいました


1週間
冷蔵庫に冷やしっぱなしの
スイカは・・・・
ミゴト棚落ちです↘


美味しかったら
母に持ってってあげようと思って買ったのに
これでは・・・とてもとてもです
ミキサーでジュースにし
お茶代わりにしました
きっと
よぉ―――く通じることでしょう♡



お昼
節約するなら・・・で
外出を控え冷蔵庫を見ますと
なにやら玉ねぎのスライスらしきものが・・・・

ん?これってカツオのタタキ
いつのん?
来た時に決まってるやん
食べる筈がないやろ・・・・
食べて処理していかなあかんのよ・・・
言いたかったけれど
グッとグァマン・ガマン


昨日あたりから
2人とも相当疲れが出てきております

一触即発

些細なことで言い方がケンカゴシ

あーーー疲れてるんだな・・・
ふたりとも・・


みんなして貰ってるのに
なにに疲れるのか・・わたしもわたしです